名犬チロリ

17日夜、BS-TBSで、動物たちの殺処分の現状について放映されていました。

そばで見ていた姪っこが、処分機の赤いボタンを見た瞬間叫びました。

「押さないで!」

と。

押さないから大丈夫だよ。

と言うと、安心して寝ました。

そして昨日、

「図書館で犬の本を借りて来たよ」

というので、寝る前に読み聞かせしました。

その本が

「名犬チロリ」


日本で初めてセラピードッグになった犬です。

虐待されたうえに、子犬と共にゴミ箱に捨てられていたところを、見つけた子供たちがこっそりと育てていましたが

野犬として扱われてしまい、保健所へ・・・・。

猶予期間の最後の5日目にして引き出され、その後セラピードッグへとなっていく様子が描かれた本でした。

「犬と歩けば~チロリとタムラ」DVD(プレビュー)

姪っこは聞きながら寝てしまいましたが、私は最後まで読み続けました。

姪っこは今小学校1年生。

私たちの子供の頃と比べると、とても幼い気がします。

大人たちがおぜん立てしたレールの上に乗っかって

何も不自由もない、何の不安もない生活の中で

日本人特有の「平和ボケ」的な傾向がみられます。

実際に子供たちに「危機感」がなくなっていっているような気がしています。

そんな中でも「命の尊さ」「命の大切さ」だけは忘れないでいてほしい。

そう思います。

大人がおぜん立てする中身の中には

必ずいれておいてほしい「アイテム」の一つだと思いました。

0コメント

  • 1000 / 1000

Magical Dog

2018年4月〜2019年3月までの1年間で殺処分された犬の数は7,687頭(公表されている分のみ)になります。多くの保護団体さんが保健所から引き出し、里親さんを探していますが、持ち込みされる前の環境もわからず、里親さんになった飼い主さんも、保護犬の扱い方に困っておられる方がとても多いのが現状。私たちMagical Dogでは、飼い主さんに3つの解決策をご提案しております。