犬も猫も家族です。

昨日見ていたテレビ

NHKの

「プロフェッショナル~仕事の流儀~」

東大阪市で動物病院を営む

蓮岡 元一 先生。

若いころ大きな病院の勤務医として動物たちと接してきた後

東大阪市で開業。

家族として動物と一緒に暮らすという

飼い主側の価値観が変わってきた今

ただ単に病気やけがの手当てをするだけでなく

飼い主と一緒に病気やけがと向き合ってくれる先生。

ありきたりの、X線撮影やCTスキャン、MRIなどの検査よりも

先生は1時間かけても、その子に触れて

息遣い、心拍数、皮膚の様子、体温などを確かめていると

「せんせ~ここが痛いねん」

と、その子の声が聞こえるという。

動物たちの最後が近づけば

最後の最後まで家族と一緒に付き合う。

ある家族が16年暮らしてきたワンコに

脳腫瘍ができていたがために異変が起きた。

大きな病院でMRIを撮ったら

かなりひどい状態だった・・・・・・・。

最後、心拍音もかすかになり

呼吸も静かになってきたとき

飼い主さんが

「もうええよ、がまんせんでも。もうええよ。」

と泣きながら言っていた姿に思わず涙・・・・。

亡くなった後、抱っこしてもらって

飼い主さんが抱きしめて

「つらかったなぁ~もう大丈夫やからな」

と泣いている姿にまた涙・・・。

蓮岡先生曰く

最後の最後まであきらめずできることを精一杯する。

そうすることで

家族は動物との別れのつらさを乗り越えられると。

この子たちが何を言いたいのか

どうしたいのか

蓮岡先生のように

声が聞こえてくるように

私もコニーのストーカーになろうと思った夜だった(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000

Magical Dog

2018年4月〜2019年3月までの1年間で殺処分された犬の数は7,687頭(公表されている分のみ)になります。多くの保護団体さんが保健所から引き出し、里親さんを探していますが、持ち込みされる前の環境もわからず、里親さんになった飼い主さんも、保護犬の扱い方に困っておられる方がとても多いのが現状。私たちMagical Dogでは、飼い主さんに3つの解決策をご提案しております。